流動費(雑誌・動画)

Kindle Unlimitedとは?30日間無料キャンペーンの入会&退会方法

Amazonの電子書籍サービスである「Kindle(キンドル)」はご存知でしょうか?

電子書籍というのはお手持ちのスマホ、タブレット、パソコンでいつでも読むことができる、デジタルな本のことで、重い本を持ち歩く必要もなく本棚も必要ないので、近年急速に人気が高まっています。

そしてこのKindleで読み放題サービスが、「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」

なんと最初の30日間は無料でお試しできるんです。

Kindle(キンドル)とは

Kindle(電子書籍)の購入方法

こちらはAmazonの公式サイトから本を検索したときの画面です。最初は画像のように形式が「単行本(ソフトカバー)」などになっていると思いますが、ここを「Kindle版」に切り替えることで、簡単に電子書籍版を購入することができます。

この本の場合、単行本が1,620円、kindle版が1,200円になってるんですが、実はほとんどの場合でkindle版のほうが単行本よりも安いんですよ。

Kindle(電子書籍)を読む方法

スマホやタブレットならこちらのkindle専用アプリをインストールすることで電子書籍を読むことができます。

 

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)とは?

利用料金は月額980円

料金は月額制で、毎月980円支払うことで電子書籍が読み放題となります。

でも、最初の30日間は無料でお試しできますので、30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

すべての電子書籍が読み放題になるわけではない

ただし、読み放題といってもAmazonにあるすべての電子書籍が読み放題になるわけではありません。

読み放題対象の本とそうでない本があり、読み放題対象の本だけがKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)を契約することで読めるようになります。

「えー全部じゃないのか」と残念に思ってしまうところですが、それでも読み放題対象の本は書籍、コミック、雑誌を含む和書12万冊。

 

読みたい本が読み放題対象であるかどうかは、画像のように「読み放題で読む」というボタンが出るかどうかでわかります。

※先ほどの『嫌われる勇気』という本は残念ながら読み放題対象本ではないのでこのボタンは出ていません。

を契約していれば、この「読み放題で読む」ボタンを押すだけで無料で電子書籍を読めるようになります。

↓30日無料体験をしてみる↓

10冊ごとのレンタル制

読み放題なので何冊でも読めるのですが、手元にストックしておけるのは10冊までなので注意。レンタル制といったほうがわかりやすいでしょうか。

10冊までは、サイトからポチポチと選んでアプリ内にストックしておけるのですが、11冊目を読むためには、それまでに選んだ10冊のどれか1冊を返却しなければ、11冊目を読むことができないシステムになっています。

返却さえすればまたいくらでも本が読めるので、このシステムについては特に苦でもない感じでした。

噂では1か月に1000冊までの上限があるとのことですが、普通に利用していて1000冊読むのは無理だと思うので、もし1000冊の上限があったとしても、いたずら防止のための施策だと思われます。なので、普通に利用する分には関係ないので、読み放題という認識で大丈夫です。

本の返却方法

10冊借りている状態で11冊目を借りようとすると、自動的に現在借りている本の一覧画面になりますので、そこで返却したい本の「利用を終了して続ける」ボタンを押せばOK。

返却が終わった本は「利用終了済み」という表示に変わります。

自動で月額課金へ移行

30日間の無料期間が終わると自動で毎月980円が課金されますので、もし継続しないのであれば契約から30日以内に自分で停止処理をしなくてはならないので注意してください。

自分がいつ契約したのかはKindle Unlimitedで確認することができます。

このように、自分がいつキンドルアンリミテッドに入会し、いつから請求が始まるのかもすぐにわかるので安心です。

※現在キャンペーンで3か月パックで契約しているため、期間が3か月間になってるんですが、通常は1か月ごとに契約更新となります

↓30日無料体験をしてみる↓

 

 

kindle Unlimitedの解約方法

Kindleアンリミテッドの解約も、先ほどと同じKindle Unlimitedのページの「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」をクリックし、「メンバーシップを終了」を選ぶだけでOK。これで契約は終了し、月額もかからなくなります。

※支払い方法を変更したい場合もここから編集できます。

また、登録した後すぐに解約処理を行ったとしても、30日間はそのまま無料で利用することができるので、はじめから継続するつもりのない方は、契約と同時に解約処理も済ませておくと安心です。

※サービス解約+無料期間終了後は、借りていた本は当然読めなくなります。

以上、これらをまとめると

  • 月額980円
  • 読み放題対象の本とそうでない本がある
  • 10冊レンタル制で、それ以上は返却しないと読めない
  • 30日以内に解約しなければ自動で月額会員に移行する

というのが基本的なKindle Unlimitedのシステムになります。

↓30日無料体験をしてみる↓

 

 

Kindle Unlimitedのお得な使い方

正直、半年に1回くらいのペースで利用するのがおすすめです。

 

一度契約すると、この先ずーっと980円払い続けなきゃいけないのかなと思うかもしれませんが、全然そんなことはないのでご安心ください。

簡単にサービスの解約(休止)・再開ができるので、気が向いたときだけ1ヵ月利用してまた休止するなんてことも全然可能です。

今回30日間の無料お試しを利用してみたわたしの正直な感想としても、とても良いサービスだけれど毎月980円を払い続けるほどではないかなーという感じでした。

月額980円って本1冊分くらいの値段なので、それで読み放題なのはものすごく魅力的なんですが、実は新刊はほとんどないんですよね。

サービス自体はとても良いんですが、個人的にはもっともっと新刊の本が毎月増えてくれれば継続してもいいんだけどなぁ~という感じでした。

なので、わたしはだいたい半年に1回くらいのペースで利用しています。

半年くらい経つとちょうど良い感じに本のラインナップが変わってるので、また読みたい本がたくさんあってお得感満載です。

↓30日無料体験をしてみる↓

 

 

ABOUT ME
アバター
一紗
こんにちは 相沢一紗と申します。 保険会社と銀行に15年勤務する6歳と0歳の母。 東京都に住んでいる世帯年収800万円のワーママです。 初めての育休でアレコレ張り切って育児グッズを買ったり、映えるお店でママ友ランチをしまくった結果、1年半の育休で-100万円! 慌てて食費や電気代を節約するも、長続きせず(´;ω;`)ウッ… その後、格安スマホに切り替えたことがキッカケでラクチン節約に目覚める。「ズボラでも家計簿が無くても」できる節約・貯金術を紹介します。
ママのグチ、家計の悩み相談に乗ります

  • ワーママつらい
  • 夫が不満で爆発しそう
  • こんな保険を勧められたけれど大丈夫?
  • 格安スマホって本当に使える?
  • キャッシュレスが気になるけど難しい

なんでも気軽に相談してくださいね!

育児中なのでお返事が遅くなることが、あるかもしれませんがお返事は必ずします!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。