はじめに

私がお金にこだわる理由③投資も仕事も!女性のつらさ編

こんにちは

50歳までに一億円貯める 銀行員ワーママ相沢一紗です。

毒親から自立するため「経済的自立にこだわる」話

初めての投資で浮かれる&暴落した話

今回は「会社だけに依存できない」ことを痛感した話です。

女性は辛い。隠された不倫編

最初の会社の同期は3人でした。

その中でも飛び切り可愛いⅯちゃんは「支店長秘書」に配属。

美人新人を見る為、男性社員が用もないのに彼女も周りを飛び交っていました。

 

そのうち、パッと見地味だが清潔感のカタマリ

星野源似の男性社員Aさんとお付き合いをはじめました。

社内恋愛だったため、極秘に付き合っていたのですが、誰かにデート現場を目撃され

お付き合いが会社の人に知れ渡ることに。

そして発覚したのは「Aさんは既婚者」という事実。

単身赴任だったため、Mちゃんは全く気付かなかったそうです。

Aさんは逃げるように別れ、なぜか「Mちゃんが既婚者に言い寄った」とされ

フロアでMちゃんが男性と話しているだけで、周囲の人が耳をそばだて

彼女のいないところで

「◎◎って話してた」

「次のターゲットはあの人だよ」

とお局社員を中心に下らない噂をするのでした。

彼氏に裏切られ、仕事の人間関係もギクシャクし

しばらく会社を休んだのち、結局彼女は会社を辞めたのでした。

騙した男性が会社に残り、騙された女性が会社を辞める。

「何がキッカケで会社に居ずらくなるかわからない」

会社だけに収入を依存できないと認識した瞬間でした。

女性は辛い。ワーママ編

mdff143 mdmk035

こちらは私の話。

身バレを防ぐためにちょっとフェイクがあります。

左遷をうけて(投資で浮かれて左遷された話)心を入れ替え

出産前の私は、どこに出しても恥ずかしくない「立派な社畜」でした。

10年選手でもフロアで一番早く出社して、一番遅く退社する。

帰宅後も休日も仕事のことを考えてばかり。

読む本、見るテレビほとんどが仕事に関すること。

仕事でうまくいけばハッピー、うまくいかなければ人生のどん底。

会社や仕事に感情を左右されっぱなしでした。

出産前は会社に人生をささげていたと言っても過言ではなかったです。

そんな中、結婚、出産。

「復帰しても効率重視でバリバリやる!」

そう意気込んで産休に入ったのでした。

復帰10年昇給なし

初めて「あれ?」と思ったのは

産休から復帰して上司との面談。

「お子さんもいるし、担当業務は軽くしておくよ」

そういわれて与えられたタスクは

・後輩の後方支援

・庶務

その他2,3年目がやる仕事をアサインされました。

 

そして、その期の評価は一番最低ランクの評価でした。

理由は「この年次で、この仕事では評価できない」

最初から評価する気がないのは明白でした。

今までにない低い評価があまりにショックで、時短勤務をしている同期に相談すると

「私は妊娠してから10年、一円も昇給ないよ」

「毎回評価は最低」

部署や上司によりますが、残業ができない社員は評価されない文化が

やはり根強い。

子どもを持つのは男性も女性も同じなのに、明らかに子どもを持つと

女性だけが不利になる。

分かってはいましたが、出産前はあれだけ仕事に人生を捧げていても

「残業ができない」という理由で新人並みの給与になる。

悔しいですがそれが現実でした。

実質降格

産休から復帰して2年目のことでした。

上司から別室に呼ばれ

「4月からマネージャー権限を外すよ」

「会社の方針でマネージャー権限を付与されている人を減らすことになったんだ。」

「給与は変わらないし、君の能力が低くなったわけではないんだ」

 

会社側から増えすぎた「マネージャー」職を整理するため

「マネージャー」社員を一定数残して

部外に異動させるか、権限を外すよう通知が出たのです。

年次は高いのに残業ができない私は「権限を外す」調整をされました。

「マネージャー」を経験しなければ次のランクに昇進はできません。

実質、昇進ができなくなったのです。

「残業できないってこんな扱いをうけるの?」

しかし会社員は素敵だ

人間関係ひとつ、出産や介護による状況の変化ひとつで

仕事を辞める羽目になる可能性がある。

上司との相性一つで仕事が辛くなるかもしれない。

最近「脱会社員」を目指す方も多いですが、会社員は得るものも多いです。

・社会保険料を企業が半額負担してくれる

・パソコン、机、オフィスを無料貸与される

・保育園の入園も「会社員」に有利

・ローンもクレジットカードも作れる「信用」がある

産休から復帰した時、あまりの扱いの悪さに「会社なんて辞めてやる!」

と意気込んだのですが

・仕事を辞めれば「親」や「パートナー」に経済的に依存する

・フリーランスでも「顧客」に経済的に依存する

・投資収入も景気に左右される

結局、経済的に自立するにも何かに影響されます。

そう考えると、会社員は

・嫌な上司は転勤するかもしれない

・介護や育児も終わりが来る日がある

・嫌なら転職もできる

意外に素晴らしい地位ではないですか?

投資も仕事も副業も

mdff143

・経済的に自立したい

・投資だけでは食べていくのは難しい

・会社だけに依存するのもリスクがある

お金だけが人生ではないですが、お金のない人生も辛いですよね。

そこで、出産前は会社に依存しすぎていたこと、子供との時間をもっと持つために

・投資で効率的にお金を増やす→節約・節税/投資

 

・会社以外の収入も確保→副業

今後はこの2つのチャネルをブログで発信していきます。

そして私の情報で誰かが、ちょっとでも得をしたり、笑っていただければ

こんな幸せなことはないです。

↓ランキングに参加しています

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村







ABOUT ME
アバター
一紗
こんにちは 相沢一紗と申します。 保険会社と銀行に15年勤務する6歳と0歳の母。 東京都に住んでいる世帯年収800万円のワーママです。 初めての育休でアレコレ張り切って育児グッズを買ったり、映えるお店でママ友ランチをしまくった結果、1年半の育休で-100万円! 慌てて食費や電気代を節約するも、長続きせず(´;ω;`)ウッ… その後、格安スマホに切り替えたことがキッカケでラクチン節約に目覚める。「ズボラでも家計簿が無くても」できる節約・貯金術を紹介します。
ママのグチ、家計の悩み相談に乗ります

  • ワーママつらい
  • 夫が不満で爆発しそう
  • こんな保険を勧められたけれど大丈夫?
  • 格安スマホって本当に使える?
  • キャッシュレスが気になるけど難しい

なんでも気軽に相談してくださいね!

育児中なのでお返事が遅くなることが、あるかもしれませんがお返事は必ずします!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。